2017年4月9日日曜日

麺づくり蒼空@南箕輪 どこかで見た鶏。

濃厚鶏つけ


既視感ぱねぇなぁ、とかおもいやんしたら、

これとか、

これとか


なるほど納得。構成変更マジックか。
これはこれでとてもいいの。
この麺とても好きだし。
レモンの味変もいい感じで。

変化球放るとしたら、
これどこにしたらいいんだろ?
ねぎじゃないんだよなぁ。

2017年4月8日土曜日

佑庵@岡谷市 海老色。

海老塩拉麺


4月の限定。
まぁ、わかりやすく、海老。
ただ、その“海老”感が予想を超えていました。

だいたいがねぇ、
最初だけ香って、あとはベースのスープ風味、
なんですけども、こちら違いまして。
本当に最後まで、海老まるだしだったのです。

それが結果的にジャンクっぽくもあり、
想定外にごはんが合っていたのでした。

あえての半ライス付きで食べるのがいいかも。
たぶん、も一回食べる予感。

2017年3月26日日曜日

横浜家系ラーメン喬@伊那市 家。

ぼくがここで書いている記事を
ある程度見ていただいていたら、
気づいていただけるかもしれない。

家系が苦手です。
食べていないわけでもないんだけど、
記事化したのはこの時以来かも。

どこがよくて、面白さがどの辺にあるのかは
わかってるつもり。
でも、どうしてもリピートできない。
とはいえ、うまいところのやつは
やっぱりうまいのです。

そしてこちら。
この記事がなかったら発見できなかったかも。
伊那界隈では久々の新店…?

券売機制、メニューは豚骨醤油と味噌、
まぜそば? つけ麺はこの時は売り切れ。

炙ったチャーシュー、茹でキャベツ。
既視感があるようなないような。
マイルドで自分にもなじみやすかったです。

選択肢が増えるのはいいこと。
つけめんは結構気になります。

2017年3月17日金曜日

佑庵@岡谷市 謎風?

3月の限定、塩たんたん麺。


何が謎なのか。
つまりだ。ビジュアルと味わいのズレ。


まぁ、担々麺はわかる。
塩ダレだってことも、事前に知ってた。
でもね。

ゆずが香ってきたりすると、
意外と脳はパニくるんだ。
いや、もちろん、いい意味で。

もっといろんな方面に修行せねば、と
痛感しました、今回。

2017年3月11日土曜日

麺屋朱乃輝@岡谷市 淡くて麗しい

赤兎の塩そば


結構話題の新店。
なかなかうかがう機会を作れないでいたものの、
実は思っていたより近所だった。

そんなこんなで
一気にひと通り食べてみました。
淡麗中華そば(大盛り)


現時点の感想としては、

“ブレ”があるよね。


混雑時に、あんまり一杯の印象がよくない。
麺の印象とか、スープとか。

あと、あんまり大盛り向きじゃないよね。
和風しょうゆらーめん


まだ数回なので、結論は言えないけど、
赤兎の中華そばはいい感じ。
“っぽさ”があるようでいてそこまでない。
やっぱり、個性が立っている。


あと、若干しょっぱい。
薄めオーダーとか、してみたい感じ。

でも、面白い新店。

2017年1月15日日曜日

佑庵@岡谷市 酒粕。

慎太郎

今月の限定。

酒粕といえば、個人的には
つい味噌ベースばかりを考えてしまう。
こちら、たぶん塩らーめんがベース。

比較的初期の仕様。
白菜の小気味よい食感、おあげの生姜の香り。
この時点で美しい、ザ・佑庵な印象。
今の仕様。

より酒粕の美点を強調したつくりかも。
こちらもまた、佑庵的。



酒粕のうまさをわかってきたのは、
歳を食ってからな気がする。
酒が呑めなくなってからのほうが、
しみじみうまく感じてきた。

不思議なもんだ。

2017年1月4日水曜日

麺づくり蒼空@南箕輪 からい。

麻辣担々麺。


2017年の新年1発目。
今年は明確に辛い系で来ましたか。
数年前までは唐辛子練り込み麺がお約束だった。

さてこちら。
花椒の香りも風味も全開。
つまり、かなりの刺激。
ノーマルだと、食べられない人がいそう。
それでも、豆板醤が添えられてくる。
花椒抜いたら、どうなんだろう?
面白味もなくなりそうだけど。

練りゴマの風味、セロリの香り、
しっかり感じるけど、しびれる。

なにかカスタマイズを入れたい、
けど、何すればいいか迷う感。